<< 京都名庭巡り | main | クレマチスの丘ーヴァンジ彫刻庭園美術館 >>
三沢厚彦展と濱田庄司展

横須賀美術館にて、三沢厚彦展を鑑賞して来ました。

 

ユニークな動物の作品がズラーリと並び、生き生きとした空間を楽しむ事が出来ました。

90年代はジャンクアートのような作品を制作していたようで、今の作品に至るまでの

遍歴は見応え十分でした。

 

 

続いて、世田谷美術館で開催中の濱田庄司展。

 

並んでいる作品はどれも素朴で、指で模様付けをしたり、釉薬を掛け流ししたりと

とても自由な作品でした。

先日、日本民芸館で開催されていた柚木沙弥郎展を鑑賞した後だったので、民芸の

素晴らしさが私の中でより広がりました。

| アート | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kanakos.net/trackback/149
トラックバック