柚木沙弥郎展

 

葉山美術館で行われている柚木沙弥郎展へ行って来ました。

 

今年で96歳になるとは思えない程のエネルギッシュな作品の数々でした!

同時開催されている「みえるもののむこうがわ展も、迫力があって、

夏バテの体にパワーをもらうことが出来ました。

 

 

 

 

| アート | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0)
ジュリアン・オピー展

 

ジュリアン・オピー展へ行って来ました。

 

シンプルが一番!と言いたくなるような展示でした。

もう少し前の作品が展示してあったらパーフェクトだったのになぁ…

特にブラーのCDジャケットが見たかった〜

| アート | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0)
美術館いろいろ

 

まずはクリムト展。

ずっと会いたかった女神に会うことができました!

ユディトの妖艶さに感動しました!

 

 

次は東京都現代美術館。

日本の長い絵画の歴史が学べる企画展でした。

3Fから地下までの展示は、もうお腹いっぱーいと言う感じでした。

| アート | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0)
へそまがり日本美術展

 

「へそまがり日本美術展」へ行ってきました。

会場は「ヘタウマ」のオンパレード!

でもその中には、伊藤若冲も展示されているという驚き!

上手い絵がいいとは限らないと、改めて感じさせられました。

| アート | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0)
河鍋暁斎展

 

河鍋暁斎展へ行って来ました。

 

一点、一点の迫力に圧倒されながら、人混みの中、鑑賞して来ました。

狂気に満ちた作品もあれば、ユーモアに溢れた作品までさすが暁斎!

と言いたくなる展示でした。

 

何度見ても飽きない作品群です。

| アート | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0)
軽井沢現代美術館

 

軽井沢現代美術館で行われている「海を渡った画家たち」に行ってきました。

 

草間彌生、村上隆や、宮島達男などのベテランから20代の若手までいろいろな作品を観る

ことができました。

 

別室では荒川修作の特集もしていて、涼しげな軽井沢にぴったりの企画だと思いました。

| アート | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0)
アイ・チョー・クリスティン展

 

金沢21世紀美術館で行われている「アイ・チョー・クリスティン展」に行ってきました。

 

ほとんどの作品が平面でしたが、ギロチンを使ったインスタレーションなどもあり、

観ている側に「死」を連想させる作品も見受けられました。

「死」を観るということは必然的に「生」も観ていることになり、近年の作品にはそれが

入り混じった混沌とした作品が観られました。

 

彼女は、今後も注目していきたいアーティストの一人になりそうです。

 

| アート | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0)
クレマチスの丘ーヴァンジ彫刻庭園美術館

 

ヴァンジ彫刻庭園美術館へ行ってきました。

 

ヴァンジの作品はどれも表情豊かで、人間の根底にある感情を揺さぶります。

同時開催の須田悦弘さんのクレマチスの彫刻たちも、さりげなく、慎ましやか

なのに大きな生命力を感じる作品ばかりでした。

 

 

 

| アート | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0)
三沢厚彦展と濱田庄司展

横須賀美術館にて、三沢厚彦展を鑑賞して来ました。

 

ユニークな動物の作品がズラーリと並び、生き生きとした空間を楽しむ事が出来ました。

90年代はジャンクアートのような作品を制作していたようで、今の作品に至るまでの

遍歴は見応え十分でした。

 

 

続いて、世田谷美術館で開催中の濱田庄司展。

 

並んでいる作品はどれも素朴で、指で模様付けをしたり、釉薬を掛け流ししたりと

とても自由な作品でした。

先日、日本民芸館で開催されていた柚木沙弥郎展を鑑賞した後だったので、民芸の

素晴らしさが私の中でより広がりました。

| アート | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0)
レアンドロ・エルリッヒ展

行ってきました、レアンドロ・エルリッヒ展。

何かと話題ですね〜

月曜の夜にもかかわらず、たくさんの人がいました。

 

作品は、鏡を使った錯視が体験できる作品がたくさんありました。

美術展よ言うよりは、遊園地に来たみたいな感覚で美術を

楽しめる、といった感じです。

次はどんな作品を作ってくれるのか、楽しみな作家です。

 

 

 

| アート | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0)